障害者福祉施設で働く看護師のつぶやき

障害者福祉についてもっと知ってもらいたい、そういう気持ちを込めて書いてます。

やっちまった・・・(泣)

こんばんは。

今日は備忘録からスタートです。

 

家族対応って難しい・・・。

 

強度行動障害の利用者さんの家族より電話がありました。

内容は、明日面会に行きたい、というもの。

 

その利用者さん、以前入院した時に母親との面会後かなり不安定になった事があるかたでした。

日曜で職員も少ないので、一度面会時や面会終了後の対応方法などを検討させていただき、その後の面会ではだめでしょうか?と聞いたところ立腹されたしまいました・・・。

 

施設の対応の悪さ(連絡が密でない)などの不満点を言われたので、その点については謝罪をしました。

 

その後も怒りが治まらなかったため、明日行きます、といって電話を切られました・・・。

 

電話後に思い返すと・・・。

 

入所経緯が複雑で、面会に数えるほどしか来ていないとはいえ母親であり、面会をしたいと思ったときにできないことに対して立腹したことについては、もっともだと思いました。

 

対応方法云々よりも、いいですよ、と答えることができなかった理由は、何かあったときに出勤職員が対応できるか・・・、に疑問があったから・・・。

ようは職員を信じれなかったわけです(自分なら対応できるのか?と言われれば???となるのですが・・・)

僕も含めてですが、どんなことがあってもうちの職員なら大丈夫!、と言える職員教育などを考えたいですねぇ・・・。

 

明日の出勤職員さんには、母親が帰るときにはしっかりとお別れをさせてください、とだけお願いしました。

利用者さん本人が知らない間に母親が帰ってしまっては、不安感や喪失感が強くなってしまうと考えるからです。

 

と、いろいろ想像して心配していますが・・・。トラブルが起こらないということもありうるので・・・。心配が杞憂に終わればいいなぁ、と思っています。

 

 

 さて、タイトルに「やっちまった・・・」と書いたのは・・・。

明日(19日)に駅伝走る予定なのに、今日の午後から喉の痛みが出現しました(T0T)

しかも夕方歯医者受診したあたりから微妙な寒気も・・・。

明日はすでに病欠のメンバーがいるため補欠登録されてるかたは走る予定なので、僕が休むと棄権決定・・・。

よほどのことがない限り走らねば・・・。

とりあえず、たすきだけは繋げないとなぁ。

 

そうそう、僕は喉の痛みがあるときは「梅酢」をショットグラスにいれてイッキ飲みします。

酸っぱさでブルッと身震いが起きるのですが、痛みがなくなるのが早い気がします。

これはおばあちゃんの知恵袋的な療法なんですよ。

個人差は大きいと思いますが、試してみてください。

 

 

 といっても、喉の痛みは風邪のひきはじめ。

栄養補給と暖かくしてユックリ休むことが一番ですよね。

皆さんは体調管理しっかりしてくださいね。

 

今日はこのへんで失礼します。

 

ぽちっとしていただけると、励みになります。

 

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村