障害者福祉施設で働く看護師のつぶやき

障害者福祉についてもっと知ってもらいたい、そういう気持ちを込めて書いてます。

今日の振り返り

こんばんは。

 

今日も少し残業+個人的な調べもので職場に残っていると、特定の利用者さん(Zさん)から何度も呼び出しがあり・・・。

都度対応していたが、訴えてくる内容が毎回同じもの・・・。

しかも、ほかの利用者さんが陰で不適切なことをしていた、というものでした。

さすがに4回同じことを訴えてきたので、

 

Aさんのことについての話はこれで終わりにします。同じ話は聞きません。

 

と伝えると不機嫌となり・・・。

不適切行動が出現したので様子観察のみにとどめそれが落ち着いたのを確認して帰宅することにしました。

 

その後、ジョギングしながら今回の対応を振り返りました。

 

・話を切ったことが良かったのか・・・。

 

何度も同じ内容を話してきたこと、話すときは周りに対象以外の利用者さんが1人or2人くらいいるとき、周囲に誰もいない状況で廊下ですれ違っても特に話はしてこない・・・。

ことから、自分に注目してほしい、ほかの利用者さんよりも優位に立ちたい、という感じを持っているのかも、と考え話を打ち切りました。

 

しかし、もしかするとZさんは好意でその話を伝えていたのかもしれません。だとすると、Zさんの言っていることに対して特に行動を起こさず、一方的に話を打ち切ったこちらに対して立腹するのもわかる気がします・・・。

でも、話を打ち切らなかったら同じ内容の話が続いたかもしれません・・・。

 

Aさんに確認すればZさんの行為はなくなっていたのか・・・。

 

確認してそれがなかったと伝えても、Zさんはそれを認めないかもしれません。

訴えの内容は違うことになるが、行っている行動の内容は同じものが続くかもしれません。

 

Zさんの話を聞いてAさんに確認に行くと、自分の話を信じてくれた、とZさんは思うかもしれません。その結果、告げ口(?)というこの行為が強化されるのではないか・・・。

という思いもありAさんに確認はしなかったのですが・・・。

 

逆にZさんからすると、自分を信じてくれなかった・・・。

という思いにつながったかもしれません。

 

いろいろ考えてみたけど、Zさんのこの行動自体が障害特性からくるものかもしれません。

何度も同じ話をすることがコミュニケーションの困難さからくるものかもしれません。

または、話しているのはAさんのことだけど、実は話の内容はどうでもよくて、関りを持ちたかっただけかもしれません・・・。

 

話を打ち切ったのは半分は僕の都合(就業時間外、自分の仕事もしたいなど)があったので、適切な対応だとは言えないかもしれません・・・。

 

こういったとき、どんな対応がいいのかなぁ・・・。

正解はないのかもしれないですが、答えが欲しいなぁ・・・。

 

さて、こんなことを考えながらジョギングしたのですが、そのおかげかいつもより30分が早く過ぎていきました。

いい考えなのかどうなのかはわからないですが、走りながらだいろんな考えが思いつく気がします。(いいなと思ったことでも、思い出せないこともあるのですが)

いつもいつも走りながら考えることはできないですが、時々はいいのかもしれないです。

 

かのスティーブ・ジョブスも、メンバーとジョギングをしながらミーティングすることがあったそうです。

 

うちの役職会議もたまにはジョギングしながらしよう、と提案してみようかなぁ・・・(笑)

 

 

 今日はこのへんで失礼します。

 

ぽちっとしていただけると、励みになります。

 

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村